スポンサーサイト

  • 2014.03.22 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


自動車保険はどこで加入するか


◆自動車保険はどこで加入するか
自動車保険で一番大切なのはサービス、対応の早さや丁寧さなどです。保険料はもちろん安い方が良いですが、実際に事故を起こしたときのことを考えて内容のそろっているものを選びましょう。
そう考えると、身近に信頼できる保険会社に勤めている方や代理店などの方がいるのならばその方に依頼するのが最も良いでしょう。

直接申し込む方法と代理店を経由する方法の二つがあります。代理店経由をするより直接申し込んだ方が安いと言うのが貞節です。もしも、自動車保険の知識が全くない状態で直接申し込んでしまうと保険料が安くなったとしても事故を起こしたときの対応が不十分で最終的に負担が自分にかかってしまうことがあります。

代理店を通すと保険料は高くなってしまいます。しかしそのぶん安心を得られる場合が多いようです。一般的に代理店の方だと様々なケースに対応した保険を提案したりと言ったことをしてくれる場合もあり。逆に最終的にはお得になることもあるのです。
最も良いのはやはり自分で自動車保険のことを調べて自分の力でベストな保険はどれかを選ぶのが一番良いのかも知れません。もちろん、この場合も誰かのアドバイスがもらえるのならもらっておくべきでしょう。

強制保険と任意保険

よく自賠責と言われている自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)ですが、自動車損害賠償保障法により自動車1台1台に対し人身事故のみを対象とした、加入が義務づけられた強制保険です。

任意保険は任意で保険会社と契約する保険であり、相手への賠償を目的とした「対人賠償保険」や「対物賠償保険」、自分の損害を保障する「車両保険」、「搭乗者傷害保険」、「自損事故保険」、「無保険者傷害保険」や「人身傷害補償保険」などがあります。

生活に最も密着した自動車保険

自動車保険は損害保険の中で保険料ベースのシェアで約60%を占める、日常生活に最も密着した損害保険です。
自動車保険は予期せぬ自動車事故に備えるための保険であり、現在では我々の生活に最も密着した保険の一つです。

自動車保険は法令により加入が義務付けられている自賠責保険と、任意で契約する任意保険から構成されており、任意保険では自賠責保険で保障しきれない部分を、カバーする二重構造となっています。

強制保険と任意保険

強制保険である自賠責保険は、自動車損害賠償保障法(自賠法)により自動車1台1台に対し加入が義務づけらています。
任意保険は文字通り任意加入の保険であり、大きく分けて、「対人賠償保険」・「対物賠償保険」・「搭乗者傷害保険」・「自損事故保険」・「無保険者傷害保険」・「車両保険」・「人身傷害補償保険」の7つがあります。
 

任意保険のいろいろ

任意で加入する自動車保険いろいろな組み合わせができるのですが、自家用自動車総合保険では自家用車を対象にほぼすべての任意保険がセットになっています。
自動車総合保険では自家用・営業用を問わず、車両保険以外の任意保険がセットになっています。自動車保険では各種保障をある程度好きなように組み合わせることが可能です。
ドライバー保険は車を持っていない人が他人の自家用車を運転するときの保険です。 


自動車保険選びに迷ったら

自動車保険選びに迷ったら、たくさんの自動車保険商品が出回っている中で、どの保険商品を選ぶか、これによって大きく条件が変わってくるでしょう。
一昔前までは保険料というのは、どこも横並びであまりさがあることはありませんでした。

しかし、今では自動車保険のなかでもこれだけ多くの商品が出回るようになり、各社独自のサービスで差をつけてアピールしています。
とりあえず、いろいろな保険会社の見積もりを出してみるのが一番でしょう。

車保険の新しい保険商品

車保険の特徴は、金融ビックバン以降に出てきた自動車保険で保険の内容が細かくなっていることが多いのが特徴でしょう。
その一つは、積み立てになっていて、保険の加入期間の間に無事故であれば、保険料の一部がキャッシュバックされるようなものまで出ています。
新しい保険商品は、今までの保険商品とはまた若干ちがったシステムになっている場合もあるので、良く内容を理解して加入しましょう。

自動車保険の比較検討が大切

自動車保険には沢山の種類がありますが、これらの割引等級は保険会社が変わっても引き継がれます。
ただし、保険会社によっては、この割引等級に年齢制限をつけているところもあり、保険料の割引率は保険会社によって違いがあります。いろいろな自動車保険を比較検討することが大切です。


自動車任意保険の等級別割引料金

任意保険の自動車保険は、等級別割引料金を定めています。
この制度は、無事故で過ごす加入者に対して保険料金を割り引き、事故を起こした場合にはより保険料金が上がる制度です。
任意保険に新規で加入する人は6等級からスタートします。この場合、割引率はマイナス10パーセントです。

東京海上日動自動車保険の特約

JUGEMテーマ:車/バイク

東京海上日動の自動車保険:「トータルアシスト」には医療相談サービス、ロードアシストやもらい事故サポートがあります。
他にも特約として、事故の際の弁護士への費用や入院時の保障も自動でついてきます。多くのサービスやサポートを一つにまとめた大手らしいプランとなっています。他の保険会社に比べ保険料が割高ではありますがそれに見合う価値を提供する、ということなのでしょう。示談交渉においても、他の保険会社にはない交渉力があり、味方につければこの上なく頼もしいことでしょう。