スポンサーサイト

  • 2014.03.22 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


バイクは保険に加入しづらい?

バイクが保険に加入する場合は、自動車保険になります。
ネットで見積もりを出す場合だと、バイクではなかなか見積もりが出せないことも良くあります。
バイクの場合は情報が少ないことが結構あるのです。

保険の補償という点で基本的な組み立ては同じですが、バイクにはバイクの保険なりの特徴があります。
それをふまえた上で、バイクの保険を検討しましょう。

自動車をすでに持っている場合は、ファミリーバイク特約ということを利用するのも一つの手段です。
しかしこのファミリーバイク特約には、125cc以下などの条件がありますので、注意しましょう。
また、ファミリーバイク特約では対人対物賠償だけで、搭乗者傷害保険や車両保険が付いていません。

やはり、バイク保険にはいるのが最も安心なのですが、この場合、賠償責任保険はどの程度になっているでしょう。
高価な車に当たった場合などでは、かなりの金額がかかってしまうことも多いです。
また一番注意する必要があるのは、バイクの自動車保険では車両保険に入っていたとしても、盗難に対しては補償されません。
バイクは盗難を受けやすいということもあり、盗難に対してはリスクを感じているとは思いますが、車両保険では対応できない以上、それ以外の方法で対策をしておく必要があるでしょう。


 


自動車保険選びの重要ポイント

補償内容やサービスのなかで、事故対応は自動車保険選びのポイントの一つです。

・ソニー損保
「即日安心365」サービスという、新サービスをスタートしました。
このサービスでは、1年365日 0時から20時の間に事故の受付が完了するなど、一定の条件を満たしたケースには、その日のうちに事故の相手方や病院、修理工場などの関係各所に連絡。
さらに代車を手配するなどの初期対応を行った上で、原則当日中(20時以降は翌日)に、その日に行った対応の内容や、事故解決までの流れなどについて、説明してもらうことができます。

・三井ダイレクト損保
・ソニー損保と同じようなサービスは、三井ダイレクト損保でも提供されています。
事故直後の不安な状況のなかで、スピーディかつきめの細かい対応が受けられる安心感は、自動車保険選びの重要なポイントです。

自動車保険商品選びのポイント

自動車保険商品は、自動車保険の完全自由化以来、各保険会社から多種多様な商品が販売されています。
・『人身傷害補償』をメインとした補償充実型
・満期時に期間中の事故が所定回数以内なら『満期払戻金』が戻る商品
・積立型の貯蓄商品
など、多様化が進んでいます 。

それではどんな自動車保険を選んだらよいのでしょうか
自分は大丈夫!
とは思っていても、事故はいつ、どこで起こるかわかりません。

万一、事故にあってしまった場合の対応は、各保険会社によって異なります。
補償内容やサービスのなかで事故対応は、自動車保険選びのポイントの一つです。
いつ、どこで起こるかわからない事故だけに、24時間・365日体制で事故に対応するのは、保険業界の常識になっています。

40代で保険を見直す

40代になると保険への意識が変化すると言われています。

確かに、30代に比べて40代になると、年相応の落ち着く人が増え、
自分の人生を振り返ったり、家族のこと、そして自分の老後のことにも少しずつ関心が向きます。
その時、支出面では、保険を見直してみようかと目が行く訳です。

ただ、この40代で保険の見直しですが、生命保険などはよく見直しする方がいますが、
自動車保険については、なかなか見直す方は少ないそうです。

どうしても身体的能力が低下していく年代なので、事故件数も増えざるを得ないという事実から、
自動車保険の見直しも考慮に入れておいて損はないでしょう。

ちなみに、40代の自動車保険の見直し事例では、対人賠償保険などを手厚くする方が増えるようです。

転職時には自分を見つめなおす

以前は転職することに対し、自分がやりたいと思う仕事を求めて転職する人の事を「青い鳥症候群」という言葉で非難する事が流行ったりもしました。
「最低3年はその会社で我慢しろ。そうすれば、仕事に面白みが見えてくるはず」などと、早期の転職をあきらめる人がほとんどだったのです。

しかしながら近年、状況は大きく変わってきました。
企業側は終身雇用の考え方を捨て去り、そのとき、そのときに必要なだけの社員を雇用するという、効率を追求する経営に変わりつつあります。
たとえ自分が現在働いている会社で、定年まで働きたいと思っても、会社をとりまく環境次第でそれができなくなってしまうのです。

このような過酷な状況の下で、私たちが、どんなときにでも会社から見放されたても、納得できる仕事を確実に保てるように、いつでも準備しておく必要があると考えられます。
社会経験の長さや年齢に応じ、社会的に必要とされる技術を身に付け、人材としての価値を持ち続けていかなければいけないのです。

こういった時代背景を考えて、これからの仕事選びや職場選びは、たとえば、病院薬剤師から薬局薬剤師に転職するなど、自分の志向と一致していて、能力的にも自分は適応できるかをチェックすることが、重要になるのではないでしょうか。

自分に合う仕事や自分が好んだ仕事なら、ある程度の辛いことがあっても我慢はできるし、必要である知識も吸収する意欲が持続されます。
経験を重ね、努力を継続することにより、仕事を遂行するうえでの、技術や知識が高まり、キャリアとしてのと奥行きと幅を広げられるからです。

selected entries
categories
sponsored links