スポンサーサイト

  • 2014.03.22 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


おすすめしたいコンパクトカー

最近のアベノミクス、円安下の原油高、消費税増税問題と、なかなかマイカー維持については厳しいものがあります。
景気もまだまだこれからのこと、この春闘でも大企業はやっとベースアップは通りはしたものの、中小企業にとってはまだまだ...。

このような環境下、とくに家計が苦しいところでの車は? 
コンパクトカーが気になります。
そこでおすすめしたいのがこのコンパクトカーです。

最近のコンパクトカーは、とくに低燃費車種も増えておりますし、軽自動車と比較して走りやすく乗り心地もよく、室内空間も良いことがポイントで、女性でも使いやすい室内デザインとなって、運転がしやすいことですね。

コンパクトカー人気ランキングを挙げておきますので、参考にしてください。

1.フィットハイブリッド 2.アクセラスポーツ 3.フォルクスワーゲンゴルフ 4.フィット 5.スバルインプレッサスポーツ 6.アクア 7.ノート 8.スイフト 9.ベンツAクラス 10.ボルボV40
2006年式アクセラスポーツの買取価格も上記の通り、人気車種でもありますから、相場レベルは高いようですね。

BMW自動車保険とは


BMWディーラーが進めてくる自動車保険って何でしょうか?


BMW自動車保険とは、BMW正規ディーラーを取扱代理店として三井住友海上火災保険株式会社を引受保険会社とする自動車保険のことです。

つまり、BMWディーラーは代理店としての窓口だけをしているってことですね。
もちろん、単なる代理店としての業務だけでなく、保障内容や対応サービスの向上が重視されているので、現在の保険を切り替えても特に問題ない人は、切り替えた方がお得になる場合がありますよ。

例えば、現在乗っているのが平成18年の5シリーズBMWならば、2006年式BMWの下取り価格と査定相場を調べてから、新車に乗り換えるタイミングでBMW自動車保険に切り替えてもいいでしょう。

とにかく、BMWのアフターサービス等はかなり充実しています。
 


自動車保険の任意保険はしっかり比較しよう

任意保険にほとんどの方が加入していると思いますが、無駄を出さないためにも、自動車保険をしっかり比較する必要があります。

保障を考える上で最も重要な対人賠償保険、対物賠償保険などの事故の保障は保険料の上乗せで上げられるので、予算に合わせて決定しましょう。

保障以外のサポートを考えると、東京海上日動が保障にプラスして、保険以外の部分の「アシスト」が充実しています。

保障外のサポートでは他には、あいおい損保やそんぽ24の自動車トラブルのサポートなどがあります。サポートは保険会社によって様々なので、自分の求めるものを選ぶとよいでしょう。

保障やサポートを含めた保険料を知りたい場合は、各社に見積りを依頼するか、インターネットの無料の一括見積りサービスを利用します。
自動車保険は車を運転するのに重要なものですので、自分、あるいは家庭にあった保険選びをしましょう。 H19年式ライフの下取り価格と査定相場 



 

ネット利用の自動車保険と中古車査定

自動車保険に現在加入している人は、初めて車を購入した時、加入した自動車保険にその後もずっと加入し続ける例が一般的です。
けれども、車購入時に加入した自動車保険は、他社の自動車保険と比較検討せずに、自動車販売会社の勧めで加入することが多いと言われています。

自動車保険の見積もりを無料で行う会社がたくさんあります。
いろいろな自動車保険を無料で比較してもらえたり、アドバイスを受けられる店も登場してきました。窓口の相談員に説明を受けることも一つの手段ですがこの場合大手の保険会社が多く、インターネットのサイトを利用するのも一つの手段です。

同様に中古車査定するケースでも、インターネット利用は大いにメリットがあるんではないでしょうか。
車の買い替え予定のとき、損をしないかどうか不安になるのは、車の査定相場ですね。
相場を先に知っておけば、新車購入時の下取り価格を交渉する場合にも都合よく、安心して車を売却し、有利に新車への買い替えができるでしょう。 2008年式アルファードの査定相場

三井ダイレクト自動車保険と特徴

三井ダイレクト損保の自動車保険は、国内損保の通販型・リスク細分型保険です。

◆三井ダイレクト自動車保険と特徴
1.ライフステージにあった補償内容になっている
・「子ども年齢条件特約」(運転する子どものために別に年齢を設定できる)
・「本人・配偶者限定」
・「臨時運転者特約」
・「対歩行者傷害補償特約」
・「35歳以上担保」
・「家族限定割引」
・「新車割引」
・「車両保険セット割引」
・「前年無事故割引」
・「セカンドカー割引」
・「長期優良割引」。

2.運転者の年齢・車の使用目的・車の型式・車齢・安全装置などによりきめこまやかな保険料設定が可能

3.インターネット契約割引
4.安心のロードサービス
5.事故対応