スポンサーサイト

  • 2014.03.22 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


BMW自動車保険とは


BMWディーラーが進めてくる自動車保険って何でしょうか?


BMW自動車保険とは、BMW正規ディーラーを取扱代理店として三井住友海上火災保険株式会社を引受保険会社とする自動車保険のことです。

つまり、BMWディーラーは代理店としての窓口だけをしているってことですね。
もちろん、単なる代理店としての業務だけでなく、保障内容や対応サービスの向上が重視されているので、現在の保険を切り替えても特に問題ない人は、切り替えた方がお得になる場合がありますよ。

例えば、現在乗っているのが平成18年の5シリーズBMWならば、2006年式BMWの下取り価格と査定相場を調べてから、新車に乗り換えるタイミングでBMW自動車保険に切り替えてもいいでしょう。

とにかく、BMWのアフターサービス等はかなり充実しています。
 


自動車保険の任意保険はしっかり比較しよう

任意保険にほとんどの方が加入していると思いますが、無駄を出さないためにも、自動車保険をしっかり比較する必要があります。

保障を考える上で最も重要な対人賠償保険、対物賠償保険などの事故の保障は保険料の上乗せで上げられるので、予算に合わせて決定しましょう。

保障以外のサポートを考えると、東京海上日動が保障にプラスして、保険以外の部分の「アシスト」が充実しています。

保障外のサポートでは他には、あいおい損保やそんぽ24の自動車トラブルのサポートなどがあります。サポートは保険会社によって様々なので、自分の求めるものを選ぶとよいでしょう。

保障やサポートを含めた保険料を知りたい場合は、各社に見積りを依頼するか、インターネットの無料の一括見積りサービスを利用します。
自動車保険は車を運転するのに重要なものですので、自分、あるいは家庭にあった保険選びをしましょう。 H19年式ライフの下取り価格と査定相場 



 

三井ダイレクト自動車保険と特徴

三井ダイレクト損保の自動車保険は、国内損保の通販型・リスク細分型保険です。

◆三井ダイレクト自動車保険と特徴
1.ライフステージにあった補償内容になっている
・「子ども年齢条件特約」(運転する子どものために別に年齢を設定できる)
・「本人・配偶者限定」
・「臨時運転者特約」
・「対歩行者傷害補償特約」
・「35歳以上担保」
・「家族限定割引」
・「新車割引」
・「車両保険セット割引」
・「前年無事故割引」
・「セカンドカー割引」
・「長期優良割引」。

2.運転者の年齢・車の使用目的・車の型式・車齢・安全装置などによりきめこまやかな保険料設定が可能

3.インターネット契約割引
4.安心のロードサービス
5.事故対応

バイクは保険に加入しづらい?

バイクが保険に加入する場合は、自動車保険になります。
ネットで見積もりを出す場合だと、バイクではなかなか見積もりが出せないことも良くあります。
バイクの場合は情報が少ないことが結構あるのです。

保険の補償という点で基本的な組み立ては同じですが、バイクにはバイクの保険なりの特徴があります。
それをふまえた上で、バイクの保険を検討しましょう。

自動車をすでに持っている場合は、ファミリーバイク特約ということを利用するのも一つの手段です。
しかしこのファミリーバイク特約には、125cc以下などの条件がありますので、注意しましょう。
また、ファミリーバイク特約では対人対物賠償だけで、搭乗者傷害保険や車両保険が付いていません。

やはり、バイク保険にはいるのが最も安心なのですが、この場合、賠償責任保険はどの程度になっているでしょう。
高価な車に当たった場合などでは、かなりの金額がかかってしまうことも多いです。
また一番注意する必要があるのは、バイクの自動車保険では車両保険に入っていたとしても、盗難に対しては補償されません。
バイクは盗難を受けやすいということもあり、盗難に対してはリスクを感じているとは思いますが、車両保険では対応できない以上、それ以外の方法で対策をしておく必要があるでしょう。


 


自動車保険選びの重要ポイント

補償内容やサービスのなかで、事故対応は自動車保険選びのポイントの一つです。

・ソニー損保
「即日安心365」サービスという、新サービスをスタートしました。
このサービスでは、1年365日 0時から20時の間に事故の受付が完了するなど、一定の条件を満たしたケースには、その日のうちに事故の相手方や病院、修理工場などの関係各所に連絡。
さらに代車を手配するなどの初期対応を行った上で、原則当日中(20時以降は翌日)に、その日に行った対応の内容や、事故解決までの流れなどについて、説明してもらうことができます。

・三井ダイレクト損保
・ソニー損保と同じようなサービスは、三井ダイレクト損保でも提供されています。
事故直後の不安な状況のなかで、スピーディかつきめの細かい対応が受けられる安心感は、自動車保険選びの重要なポイントです。

自動車保険商品選びのポイント

自動車保険商品は、自動車保険の完全自由化以来、各保険会社から多種多様な商品が販売されています。
・『人身傷害補償』をメインとした補償充実型
・満期時に期間中の事故が所定回数以内なら『満期払戻金』が戻る商品
・積立型の貯蓄商品
など、多様化が進んでいます 。

それではどんな自動車保険を選んだらよいのでしょうか
自分は大丈夫!
とは思っていても、事故はいつ、どこで起こるかわかりません。

万一、事故にあってしまった場合の対応は、各保険会社によって異なります。
補償内容やサービスのなかで事故対応は、自動車保険選びのポイントの一つです。
いつ、どこで起こるかわからない事故だけに、24時間・365日体制で事故に対応するのは、保険業界の常識になっています。

40代で保険を見直す

40代になると保険への意識が変化すると言われています。

確かに、30代に比べて40代になると、年相応の落ち着く人が増え、
自分の人生を振り返ったり、家族のこと、そして自分の老後のことにも少しずつ関心が向きます。
その時、支出面では、保険を見直してみようかと目が行く訳です。

ただ、この40代で保険の見直しですが、生命保険などはよく見直しする方がいますが、
自動車保険については、なかなか見直す方は少ないそうです。

どうしても身体的能力が低下していく年代なので、事故件数も増えざるを得ないという事実から、
自動車保険の見直しも考慮に入れておいて損はないでしょう。

ちなみに、40代の自動車保険の見直し事例では、対人賠償保険などを手厚くする方が増えるようです。

そんぽ24自動車保険の特徴

日本興亜損保系列のそんぽ24、その自動車保険の特徴は、
・代理店を介さないダイレクト保険ならではの安価で充実したサービス
・年間走行距離や免許証の色での割引
・インターネットで契約するだけで5%の割引
・顧客のニーズに合わせた様々なプランが用意
されています。

これらの契約が余計な書類等もなしに簡単にできるので、忙しくて契約に時間をかけられない人に最適です。
残念ながら事故対応の評価が低めという欠点もあるため、契約に二の足を踏むかもしれませんが、人身傷害保険では示談交渉を待たずに保険金が出るというメリットもあります。
そんぽ24の売りである保険料の安さと契約の手軽さが重要という方はこの機会にインターネットで申し込んでみてはどうでしょうか。

チューリッヒ自動車保険の特徴


チューリッヒ自動車保険はスイス、チューリッヒ市を拠点とする外資系の保険会社です。
代理店を介さないインターネットによる保険の見積り、契約サービスを日本で初めて行った会社です。

特徴のひとつは、走行距離にも4つの段階が設けられていて、乗る機会の少ない人ほどお得な保険になっています。
使用目的の割引とは、レジャーや日常生活での使用に限って車を使用する場合、つまり車を通勤、通学に使わない場合の割引です。
事故や故障の受付も24時間365日受け付けており、自宅も含めた無料のロードサービスも行っています。

保険料の支払いは銀行振り込みの場合一括のみ、クレジットカードでは分割払いも可能です。
欠点として事故後の対応がやや悪い、という声を聞きます。
保険料の安い保険に多い不満の1つですが、それでも顧客満足度1位ということは、保険料の安さとサービスがそうさせているといえるでしょう。
安い保険料と充実した補償をお望みならチューリッヒの自動車保険はいかがでしょうか。

自動車保険事故時どうするか


◆自動車保険、本当に事故を起こしたときはどうするか
自動車保険に入っているとしても実際に事故を起こしてしまったとしたら落ち着いて行動できるでしょうか?
また、事故の状況などもちゃんと覚えておかないと状況説明で過失割合が変わってしまうことにもなるでしょう。落ち着いて状況を把握し的確な行動をとれるように努力しましょう。
事故を起こしてしまったらまずは人命を第一に考えてください。破損した車などはあとで何とかすることはできます。

しかし、失われてしまった命はもう戻らないのです。当然、車のように大きく質量のあるものが引き起こした事故ですから被害者は命に関わるけがをしている可能性が非常に高いでしょう。当然ですがまずすることは119番通報です。警察が車での間は現場をそのままにしておくのが理想ですが追突の危険がある場合などはそれが一番とは限りません。その場合は適切に続発事故の防止にも努めましょう。

もちろんですが、警察や救急に連絡するだけではなく保険会社にも連絡を入れておいた方が良いでしょう。後々、混乱することなく処理ができるようにするためにきちんとした状況を伝えておくことも必要です。(これは保険を使用するしないにかかわらずと言うことです。)
忘れてしまっているかも知れませんが、救命に関することはすでに自動車学校で習っているはずです。的確な処理で被害者ともきちんとした話し合いができるよう努力しましょう。

selected entries
categories
sponsored links